高校生脱毛サロン

高校生は脱毛サロンOK?

多感な年頃の高校生が脱毛を意識し始めるのは体育の授業でプールに入る時だと思います。
ほとんどの女子高生は除毛クリームやカミソリ等で自宅でムダ毛処理をしているようです。
女子高の場合は周りが同性ばかりなのでそれほど神経質にはなりませんが、共学で男女一緒に水泳の授業をうけなければならない場合は異性の視線が気になって準備運動などで両手を挙げたりするのに抵抗がある女子も少なくありません。

自己処理で肌にダメージを与えてしまうくらいなら脱毛サロンで正しい脱毛処理を施してもらうほうが安全ともいえます。
しかしながら、高校生はまだホルモンバランスが不安定な年頃なので脱毛サロンに行って施術してもらっても身体の成長とともに新しい毛が生えてきてしまう可能性もあります。
高額な永久脱毛は控えて、とりあえずお試しキャンペーンを体験してみてから、経過観察をしてサロンに通うかどうか考えることをおすすめします。
高校生は未成年なので保護者の同意書が必要です。
できれば親御さんに同伴いただいてカウンセリングでの説明も一緒に聞いていただいた方が安心です。

未成年の脱毛の注意点


脱毛サロンでの脱毛は問題ありませんが守ってほしいことがあります。
未成年者は保護者の同意がないと施術を受けることができません。
できればカウンセリングの段階から保護者同伴が望ましいです。
脱毛サロンのスタッフの提案や説明が難しくても親御さんが一緒の方が安心です。
親御さんは我が子を一番に考えますので、施術方法や効果について疑問点があれば納得いく説明があるまで契約書にサインはしないはずです。
未成年者の場合、大人に比べると理解力に乏しいので、脱毛サロンが初めての未成年者一人での来店は脱毛サロンの方でもあまり歓迎していません。

同意書は必ず保護者に書いて頂きましょう


学校の保護者会の出欠や委任状を代筆して出した経験がある高校生は少なくないと聞きます。
でも、脱毛サロンの契約と学校の保護社会の委任状ではわけが違います。
そもそも契約書を交わす行為は今後起こりうるトラブルに関する対処法などが書かれた書類に目を通して難しい内容を理解した上で署名・捺印するのです。
保護者の同意書には未成年者が契約することに同意していますという旨書かれているので、後々何らかのトラブルが起きた場合に親御さんが知らなかったでは済まされなくなります。
書類に不備があるとトラブルの際に不利になりかねません。
ましてや、親に内緒で脱毛サロンに通うなんてもってのほかです。

同意書は必ず親御さん本人に書いて頂きましょう!!

高校生でも脱毛効果が見込めますか?


ファッションへの関心が高くなるにつれて自分のコンプレックスを無くしたいと思うようになるものです。
毛深い人はノースリーブを着る時にムダ毛が気になって仕方がないですよね。
これは大人でも高校生でも悩みは同じでしょう。
脱毛サロンなら綺麗に脱毛してもらえるのでは?と期待する高校生がいても不思議はありませんね。
ですが、実際に脱毛サロンへ赴いて施術を受ける高校生はまだ少数です。

サロンでの脱毛プランのスケジュールはホルモンバランスと密接に関係している場合が多く、発達途上の高校生では施術効果が見込めない場合もあるからです。
高校生だからというだけでは一概に断言できませんが、成長期の未成年者は成人に比べると脱毛効果が長く続かないともいわれています。
脱毛処理後に新しい毛が生えてくるサイクルが早くてすぐにムダ毛が目立つようになったという口コミも少なくありません。

また、通常は5~6回の施術で大半の女性が脱毛効果が出て施術完了となる場合が多いのですが、未成年の場合は成長期のため数ヶ月すると新しい毛根が生まれて新たなムダ毛が発生という可能性があります。
成人でもこういうことはありますが、高校生ぐらいの年齢だとそうなる確率はさらに高くなります。
す。
高校生の方は出来るだけ無期限で回数無制限のコースがある脱毛サロンを選ぶことがおすすめです。
無制限&無期限の脱毛サロンのコースならば毛が生えてきたらその都度施術すればツルツル&スベスベをキープできます。

高校生が脱毛サロンに通うときに気を付けたいこと

オシャレに敏感な高校生にとって、ムダ毛対策は欠かせません。
カミソリ処理は手頃でいいのですが、肌荒れが心配です。
そこで脱毛サロンでのお手入れが選択肢に上がってくるかと思いますが、それにはいくつか注意点があります。

≪高校生は脱毛できる?≫
高校生であれば、ほとんどの脱毛サロンでの施術を受けることができます。
ただしそれには条件があります。

まず、脱毛サロンの施術ができる条件を満たしていること。
ほとんどのサロンでは高校生以上の施術に問題はないのですが、16歳以上と年齢制限を明確にしていることがあります。
その場合、高校入学仕立ての子は条件に当てはまりませんよね。

年齢以外にも脱毛できる条件があります。
それは生理が2回以上きていることです。
高校生であればほとんどの子が初潮を迎えているかとは思いますが、中にはそうじゃない子もいるでしょう。
そのような場合は、施術を断られることが多いです。

ただし、小学生でもお手入れができるサロンもあるので、そのようなところであれば問題ないでしょう。

≪脱毛サロンに申込むときの注意点≫
高校生が脱毛サロンに申込むときには、必ず親の承諾が必要になります。
必ずしもカウンセリングに同伴する必要はありませんが、承諾書にサインをしてもらわなければなりません。
親の代わりに内緒で自分でサインしようと考える人もいるかもしれませんが、親元へ確認の電話をすることもあるので、嘘は止めましょう。

承諾書があっても、高校生のみで申し込めるコースには限りがあります。
ローンは当然組めないですし、高額なプランには申し込めません。
どうしても全身脱毛のような高額プランに申込たいときには、親に同伴してもらって契約してもらうしかありません。

以上のように高校生の脱毛サロン利用にはいくつか制限があるものの、利用には問題無いことが分かりましたね。
若いうちはホルモンバランスが安定せず脱毛効果もうまく発揮しないこともあるので、ワキやひざ下など必要最小限の脱毛だけに留めておいて、20歳になってから残りを受けるようにしましょう。